CKO&GUITAR

アクセスカウンタ

zoom RSS E・クラプトンのトーンに近づけたかな?

<<   作成日時 : 2016/06/12 13:13   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

クラプトン新譜を先月買った
プロモのアラバマウーマンブルースが
気に入ったから
この曲のスライドのトーンがまたいいんだ


さて俺のストラトでどうやったらこの
トーンがでるかな?
ミッドブースターついてないしな
そういえば前にペダルにしたのを
見たことを思い出した
探してみました
kennii guitars谷川さんという個人で
製作されているかたがいました
ヤフオクにも出ていたので早速購入

製作者のコメントを紹介します
ミッドブースターはクラプトンモデルストラトで初めて知り、ストラトの繊細なサウンドから図太いトーンまでカバー出来るシステムに感動しました。
ギターを改造してミッドブースターを取付したりしていましたが、エフェクターとしてならば、改造無しで他のギターにも使えるという事で作成しました。
クラプトンファンの方も、そうでない方も是非あなたの足元に置いて使って頂けたら光栄です。


当記事が紹介されております
http://guiter.kenniidc5.com/kenniidc5guiter/?p=2126
ブースターは谷川さんのHPで購入できます
http://www.kenniiguitars.com/


前置きがながくなりました
音源です
アラバマウーマンブルースっぽく弾いてます
原曲はキーがAなのでオープンAにしました




画像

上の右から2番目がミッドブースターです
届いてから繋げてみた
ありゃ歪まんど、なんで??
谷川さんに聞きました
「歪ますのはアンプかペダルです」
俺はてっきりこれで歪むものだと思っていた

手持ちのペダルをいろいろ試した
結果 MS−SOVがよかった
下段右から3番目
マット・スコフィールド シグネーチャーです
その時の記事です
http://cko.at.webry.info/201505/article_3.html

ただミッドブースターで中域があがるので
そのぶんハイをかなり足しました
ほとんどフルです
アンプはブルースキューブ212のクリーン
ディレイとリバーブ少しかけてます

今までストラトはUSA3本、ジャパン2本、
ヒストリー1本の計6本買ったけどストラト
プレイヤーにはなれなかった
俺はどうもフロントのトーンがいまいち
好きじゃないようだ
リア使うならテレキャスター弾けばいいし

今手持ちはフジゲン製の10年前のヒストリー
1本だけだ
画像


1年くらい前にほぼ新品をオクでゲット
基本安いグレードなのでトレモロ以外
パーツ総入れ替え&フレットを丸め加工
(ショップでね)
ピックアップはワイルド・ビル・ローレンスの
マイクロコイル、これ巻数少なくてノイズレス
リアトーン効く回路にアッセンプリー交換した
ペグはゴトーのスパーゼルタイプのロックペグ
サドルはKTSのブロックタイプチタンサドル
ナットは牛骨
以上6万くらいあとからかけた
鳴りはショップがほめるくらいとても良い

これ手に入れてからセンター使ったクラプトン
のトーンを再現してみたかった
で今回試してみたというわけだ
かなり近くなったからまあまあいいんじゃない 
今度ライブで使ってみようかな

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
E・クラプトンのトーンに近づけたかな? CKO&GUITAR/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる